ぶどう畑をめぐる旅

イタリア旅行に、アスティをプラスしませんか!

世界遺産「ピエモンテのぶどう畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート」 その3つの丘陵地の真ん中に位置する中世の街、アスティへようこそ!

ゆったり田舎時間に身をまかせ、土地の人の心に触れる旅を。アスティ在住のイタリア公認観光ガイド:高梨真江(たかなし・まさえ)が、ご案内します。

お客様の旅がより良い思い出となりますよう、お手伝いできたら幸いです。

〇 お問い合わせは こちらから 〇

ぶどう畑が広がる丘での暮らしのブログは、この投稿の下に!

mysa-autunno-2016-grazie-al-fotografo-franco-bello
美しいぶどう畑が広がるアスティ周辺 GRAZIE A FRANCO BELLO FOTOGRAFIE

ゆったりと「ぶどう畑の休日」をお楽しみください

遠くにアルプスの山並みを見渡しながら、美しい季節の中をスロードライブ!小さな村を暮らすように散策、アペリティ―ヴォ(食前酒)や村祭りで土地の人とたのしくカンパイ! マンマのお家で郷土料理レッスンや、アスティならではの地産地消体験 が、お待ちしています ⇒「旅のモデルプラン」は、こちら! 

〇 お問い合わせは こちらから 〇

mappa-italia

  <旅のご参考に>

アスティで、お目に掛かれる日を楽しみに。Buona giornata a Tutti !!!

トップページ・Make You Smile Asti アスティで.jpg

広告

大変よくできました!!

うれしいことに、私の暮らすコスティリオーレ・ド・アスティ村の写真屋さんがウインドウに「春のおりがみ」を飾ってくれました!MYSA-DAGHERRITIPIA.jpg

幸いにも先月アスティの図書館で開いた「パスクワ(イースター)のおりがみ」の会が好評で、申し込み多数のため、わずか2週間ぶりに再開催。

季節柄「いちご」や「コロンバ(こちらもパスクワのシンボルである鳩)」の、シンプルなおりがみを楽しみました!P4077101.JPG

今回も「お父さんもいっしょ!」という参加者も多く、みんなおいしそうな「いちご」の完成です! BRAVISSIMI TUTTI !!  大変よくできました!

車で1時間ほどかけて訪ねてくれたグループもいて、本当にありがたいです。

P4077079.JPG

「わぁー、かわいい!」と夢中になって、おりがみを並べ替え自分たちのオリジナル・ストーリーをつくって遊ぶ女の子たち。

こどもたちの間からリクエストが飛び出したり、出張おりがみのお話をいただくなど、こどもたち、そして親御さんたちとの新たなつながりと信頼関係が築かれるようになりました。

みんなも少しずつコレクションを増やして、お家でも遊んでねー!

伊日のみなさまからご依頼をいただき、アスティを拠点にイタリア公認観光ガイドや伊日新聞への執筆、そしてこんな文化交流活動に日々励んでいます。

晴れのパスクワ(復活祭)

気温も上がり、遠くアルプスの山並みがクッキリと浮かび上がった今年のパスクワ(キリストの復活祭)。友だち家族と楽しいひと時を過ごしました!

P4017114.JPG友だち家族の元に訪れた、あたらしい命。心のこもったお料理を味わいながら、笑い声の絶えない食卓を囲みます。

パスクアの翌日にはよくピクニックや散策会が楽しまれますが、陽気に誘われ、私たちはパスクワの昼食後に自然散策。

Pasqua2018.jpg

夏時間を迎え、遅くまで明るい青空。ハート形のかわいい蔓や美しい山野草。

この地の、ゆったりとした時の流れを感じませんか?

アスティから、世界遺産のぶどう畑をめぐる旅。

〇 お問い合わせは こちらから。お気軽にどうぞ 〇 

春のモンフェッラート!

ぶどう畑の丘にアーモンドの花が春を告げ、三寒四温ながらも満開を迎えた今日この頃。南ピエモンテは、ワイン用ぶどうに次ぎ果樹栽培も盛んな地域。杏やプルーン、桃や桜が追いかけっこのように丘を彩ります。

そんな果樹栽培に欠かせないのが、みつばち!南ピエモンテは養蜂も盛んです。きょうは春の日差しの下、大好きな友だちのぶどう畑でピクニック。みつばちの羽音と小鳥たちの歌声BGMに、のんびりお昼を広げました。

MYSA-Monferrato apr2018.JPG

【写真】 雪に覆われたアルプスの山並み。モンフェッラート地方の丘には、ぶどう畑と耕作地がパッチワークの様に連なる混成農業景観が広がります。

さて、南ピエモンテでは 4月 7 – 8 の週末に「おいしいもの祭」が開かれます。

専用車を利用して世界遺産のぶどう畑の丘をドライブ!土地の歴史に触れながら特産物を味わいに出かけませんか!日本人観光ガイドがご案内します!

〇 お問い合わせは こちらから。お気軽にどうぞ 〇

続きを読む

アスティ老舗のお菓子工房

週末のアスティでは複数のイベントが同時開催。アルフィエリ通り は歩行者天国となり、おりがみ会場の図書館にも多くの人が足を運んでくれました!

写真は、上まで昇ることのできるピエモンテ随一の高さの鐘楼。塔の足元では、アスティ老舗のお菓子屋さんがトッローネを実演・配布していました。

27mar2018.1.jpg

(【写真中央上】図書館より、参加者のみなさんへ感謝を込めて「Grazie」)

特産の大きくてころんとしたヘーゼルナッツの豊かな風味を生かした、できたてトッローネをほおばって、周辺にはみんなの笑顔があふれていました。

実際の工房は、私がかつて暮らしていたアスティ中心部のすぐ近くにあり、いつも甘い香りが漂っていたのを懐かしく思い出します。

MYSA-torrone (1).JPG

品質の良い特産のヘーゼルナッツをさらに選別し、その場で炒って、時間をかけて練り上げたトッローネ生地に合わせ・・ 工房では、そんなベテラン職人さんの技を間近に見ることのできる工房見学も行っています(※要予約)。

ヘーゼルナッツやチョコレートを使ったお菓子を当地方のお土産に。個人旅行、そして団体旅行のお客様にも、大変喜ばれているご案内先のひとつです。

みなさんも、アスティ旅行に老舗のお菓子工房見学を加えませんか!

〇 お問い合わせは こちらから。お気軽にどうぞ 〇

パスクワ の おりがみ!

アスティでは、ぶどう畑の丘にアーモンドの花が春を告げる頃となりました。時が経つのは早いもので、前回の「アスティ図書館でおりがみ」から一か月。

きょうは、目前に控えたパスクワ(イースター)に向けて「うさぎ」と「ひよこ」のおりがみを。こどもから大人まで、なんと30人もの参加がありました。

IMG-20180324-WA0002(写真の矢印の下にいるのが、私です。)

兄弟姉妹、お友だち、そしてこの場で同じテーブルになって知り合ったばかりの人たちみんなが協力し合い、おしゃべりも弾んだ、おりがみの会。

楽しく折って、みんな喜々として作品を持ち帰ってくれる姿を見送りながら、まさに「Make You Smile Asti アスティであなたを笑顔に」の思いが形となっているようで、胸が熱くなりました。

初参加、そして昨年の第1回「クリスマスのおりがみ」から皆勤賞の家族が入り混じる中、その多くがこの場で次回の申し込みを済ませてくれたと聞いて、さらにうれしくなりました!

MYSA-ORIGAMI di pasqua 2018.1.jpg回を追うごとにアスティの親子との輪が広がり、お昼にさそってくれる方もいて。さらに、そのご縁から、同じ職場にお勤めという日本の方がトリノから遊びに来てくれて、またステキな友だちが増えました!

きょうは「お父さんも一緒!」の参加が多く、お父さん同士の交流や、こどもたちがお父さんにおしえてあげる一幕もあったり。おりがみを通して多方面につながりが広がって、次回もますます楽しみになりました!

参加者、そして図書館スタッフのみなさん、ご協力ありがとうございます!

はじめての社会人大学!

きょうはアスティ社会人大学の日本文化講座に招かれ、トリノ大学で日本文学を学ぶイタリアの友だちと(写真中央)隣県に暮らす日本の友だち(写真左)と協力して一緒にお話しをする機会をいただきました(赤い服が私です)。

日本の暮らし、畳のある暮らし。各地のお祭りや郷土料理、世界遺産の話題を含めた日本の気候風土や文化を北から南まで。それぞれの得意分野を活かして作業を分担し、より深くお話しすることができて本当に良かったです!22marzo2018-MYSA-UTEA17-18.jpg

同講座を担当するアニータさんらも「楽しみにしていたの!」と駆けつけてくれて、この講座を担当する喜びを分かち合い、とても心強かったです!

ARIGATO della Vostra presenza !! ARIGATO di averci dato una bellissima occasione !! Oggi, ce l’abbiamo fatta una lezione del cosro di cultura giapponese all’ Università della terza età di Asti. Ci vediamo il prossimo appuntamento di ORIGAMI !!

質問の飛び交う活発な内容で、私たち3人にとっても大変やりがいのある充実した講座となりました。また、来季の講座で担当する「おりがみ」についても興味を持ってくださった方が多く、さらに楽しみが増えました!

GRAZIE della foto !!  すばらしい会場、すてきな写真をありがとうございます!

トリノ・おいしい物めぐり!

きょうはイタリア人観光ガイドの先輩と一緒に、オランダ人の母娘(おやこ)を英語ガイドで「トリノ・おいしいものめぐり」へご案内しました!

王宮の先へ!トリノの街の息づかいを感じられる路地をめぐり、土地の暮らしに触れる旅。碁盤の目のような新市街から、急に道幅が狭まり迷路のような旧市街へと向かいます。

P3196713.JPG

「えー!なんだか道に迷ったみたい・・ だけど、あなたたちガイドが一緒だから安心ね!」と娘さんが微笑めば、「とってもエキサイティング!」とウインクして返すお母様。

そんな笑顔の絶えないおふたりのご案内は、70代のお母様のペースに合わせて、ゆったりと。

P3196712.JPGまずはアペリティ―ヴォ(食前酒)にぴったりな、こんな手書きメニューも可愛い店へ。

おじいちゃんたちがグラスを傾け、学生たちも入り混じる・・ そんな土地の人に愛される店を、みなさんも訪ねてみませんか!

ワイナリーとはまた違った、趣のある雰囲気で地ワインを。お供のチーズもおいしくて、ワインが進み、さらに食欲をそそります!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして今度は、手づくりパスタの店へ。詰め物入りの郷土パスタ「アニョロッティ」を、セージ&バターでシンプルに Buon appetito !!(召し上がれ!)

さらに、お菓子屋さんへも足を伸ばして・・ トリノ名物「ビチェリン」に大満足!

こんな土地の人のこころに触れる旅へ イタリア公認の日本人観光ガイドが、ご案内します。

〇 お問い合わせは こちらから。お気軽にどうぞ 〇