ぶどう畑をめぐる旅

マンマのお家で料理レッスンイタリア旅行に、アスティをプラスしませんか!

世界遺産「ピエモンテのぶどう畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート」 その3つの丘陵地の真ん中に位置する中世の街、アスティへようこそ!

ゆったり田舎時間に身をまかせ、土地の人の心に触れる旅を。アスティ在住のイタリア公認観光ガイド:高梨真江(たかなし・まさえ)が、ご案内します。

お客様の旅がより良い思い出となりますよう、お手伝いできたら幸いです。

〇 お問い合わせは こちらから 〇

ぶどう畑が広がる丘での暮らしのブログは、この投稿の下に!

mysa-autunno-2016-grazie-al-fotografo-franco-bello
美しいぶどう畑が広がるアスティ周辺 GRAZIE A FRANCO BELLO FOTOGRAFIE

ゆったりと「ぶどう畑の休日」をお楽しみください

遠くにアルプスの山並みを見渡しながら、美しい季節の中をスロードライブ!小さな村を暮らすように散策、アペリティ―ヴォ(食前酒)や村祭りで土地の人とたのしくカンパイ! マンマの郷土料理レッスンをはじめ、アスティならではの地産地消体験 が、お待ちしています ⇒「旅のモデルプラン」は、こちら! 

〇 お問い合わせは こちらから 〇

mappa-italia

  <旅のご参考に>

アスティで、お目に掛かれる日を楽しみに。Buona giornata a Tutti !!!

「Make You Smile Asti アスティで、あなたを笑顔に!」をご覧いただき、ありがとうございます。当サイトのデータ著作権は「MAKE YOU SMILE ASTI DI TAKANASHI MASAE」に帰属します。友人やサービス利用者様からの提供データは了承を得て掲載しています。文章およびデータの転載や再利用などは、ご遠慮ください。

広告

ピエモンテ牛の親子

今回は「おりがみくらぶbanner」さんのページを参考に、1枚のおりがみから冬眠中の2匹の熊をイメージして折り始めたのですが、色を工夫するとなんと「ピエモンテ牛の親子」になっちゃいました!

広い草原で、の~んびり。真っ白なお母さん牛と小麦色した生まれたての子牛の仲睦まじい様子。鼻まわりが黒いのも、ピエモンテ牛の特徴なんですよ!

P1206183.JPG私の暮らすコスティリオーレ・ド・アスティ村は、ぶどう畑やヘーゼルナッツの林、耕作地の合間にピエモンテ牛の放牧風景などが混成した、美しい農業景観が広がります。

このおりがみをピエモンテ牛の博士や飼育農家さんに見てもらうと、みなさんとても喜んでくれました!

南ピエモンテ・アスティから、「世界遺産のぶどう畑をめぐる旅」。ゆったり田舎時間に身をまかせ、土地の人の心に触れる旅をへとご案内いたします。

〇 お問い合わせは こちらから。お気軽にどうぞ 〇 

アオスタ渓谷伝統工芸市2018

1月30-31日: 今年もアオスタ渓谷のアーティストが一堂に介す伝統工芸市が近づいてきました!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かご編み、木彫や木工に石工、羊毛や麻織り、革細工、酪農の盛んなアオスタ渓谷だけに「カウベル」やそのホルダーなど、街中に1,000もの屋台が並びます!

【写真】アオスタ渓谷を代表する伝統工芸品のひとつ、この飲み口の多い蓋付の杯の使い方は!? 作者とおしゃべりしながら、土地の暮らしや文化に触れる旅へ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【写真】古い扉やのこぎりが再生された、こんなステキな作品も!

アオスタへのアクセスは、ミラノやトリノから国鉄、または長距離バス。イタリア国内にお住いのみなさまも、足を伸ばされてはいかがですか!

アオスタで待ち合わせて観光・通訳ガイド、また、南ピエモンテ・アスティから「世界遺産のぶどう畑をめぐる旅」やトリノ散策と合わせてのご案内もいたします! 〇 お問い合わせはこちらをクリック! 〇  続きを読む

Ciao! JOURNAL – 2018年1月号

わくわくするイタリア情報満載! ミラノ発の月刊日本語新聞 Ciao! JOURNAL – no.10(2018年1月号) に、「南ピエモンテの バーニャ・カウダ ~ 脈々と伝わる農家の風習 ~」の記事を掲載していただきました!

ミラノの大聖堂すぐそば、「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」内のインフォ・ポイントでも配布しています!

配布場所や購読などのくわしい情報は、同新聞公式サイトをご覧ください ⇒ http://www.ciaojournal.com/
FBのページもあります!https://www.facebook.com/ciaoJOURNAL/?fref=mentions

22-MASAE-ARCH, GUARENE ANTONIO - CUOCO PROVINCIA ASTI BICCHIERE

GRAZIE ad Arch. Guarene Antonio della vignetta speciale per il mio articolo.

当サイトのロゴでおなじみ、アスティの絵描き先生が贈ってくださったイラスト「108の自治体がぶどうの房型に連なるアスティ県と、特産のBarbera d’Astiでカンパイ!」

ご協力くださったみなさま、いつもありがとうございます。

さっそく、うれしい反応も届けられました!

当地へ興味を抱き、足を伸ばしてくださる方が増えると、なおうれしいです!

アスティから、ぶどう畑をめぐる旅。お問い合わせはこちらから〇

土地の人と共に、みなさまのお越しをお待ちしています!

イタリア公認の観光ガイド:高梨 真江(たかなし・まさえ)

Moonlight Serenade 2018 !!

みなさま、あけましておめでとうございます!

今宵はうわさのスーパームーン! 「ムーンライト・セレナーデ」の調べが、どこからともなく聞こえてくるような美しい夜を迎えました。

MYSA-moonlight serenade2018.jpg八百屋さんがおまけにくれた真っ赤なザクロの実を食卓に飾り、2018年の元日を迎えました。

ザクロもまた「多産」を意味する、この季節に欠かせない縁起物の一つ。

その鮮やかさが、心まで灯してくれるようで嬉しくなります。MYSA-auguri2018.jpgマンマのレストランは休むことなく、年始から家族総出でご自慢の「アニョロッティ」づくりに励んでいました。

まさに、「料理は愛情!」 土地の人のこころに触れる瞬間です!

本年も「アスティから、世界遺産のぶどう畑をめぐる旅 – Make You Smile Asti」を、どうぞよろしくお願いします。

ARI “GATTO” a Tutti !!

【写真】12月初め、私の暮らす南ピエモンテ一帯は深い雪に包まれました。

Prima nevicata nel 2017

大家さんで写真家:Grazie al Sig. Franco Bello さんの作品

お世話になっているみなさまへ、感謝を込めて。

MYSA-ORI-MASAE-ARIGATTO.JPG

ARI “GATTO” !!   (* GATTO は、イタリア語で「ねこ」)

良いお年をお迎えください。来年も、よろしくお願いします! 高梨真江

家庭で祝う☆クリスマス

イタリアで迎える7回目のクリスマス。イブの夜は、村の教会のミサへ参列。普段は街に暮らす人々も帰省して、村中が温かい思いに包まれます。

PC255945.JPG

教会を出て日付が変わる頃。村のレストランに立ち寄るのも恒例行事。ナポリ出身の彼らが特別なお菓子を用意して人々を迎え、一緒にお祝いするのです。 続きを読む

おりがみ☆たのし!

きょうは図書館での「クリスマス会」。こどもたちは「読み聞かせ」と、「おりがみ」と、2班に分かれて楽しい時を過ごしました!

みんなと一緒に「ハイ、チーズ!」

MYSA-ORI-AT.JPGみんなのかわいいお顔も紹介したいところですが、日本語のブログとはいえ、プライバシーを考慮して☆マークをつけています。

みんな、とーってもおりこうさんだから、大人たちがその場を離れても、みんな落ち着いて上手に折ることができました! 続きを読む